宮古島のダイビングショップ アクアスター|少人数ダイビング、シュノーケリング、体験・地形・大物・マクロ生物、リクエストにお応えします!

AQUASTAR アクアスター

体験DIVE

ダイビング器材の種類

ダイビングを行う際には、多くの器材が必要になります。
そして、器材を使用するには、ある程度の知識をつけなければなりません。
ダイビング器材を選ぶ時には、自分の体にフィットするものを選ぶように心掛け、安全に楽しむ為にもどのような役割を持っているのか、事前に確認しておきましょう。
こちらでは、ダイビング器材の種類と用途について一部ご紹介します。

マスクとシュノーケル

マスクは、水中で視野を確保する為の器材です。
目と鼻まで全部覆われていますので、水中で海水が入ってくる事を防いでくれます。
装着する際には、顔にマスクを合わせて、鼻で息を吸った時に顔に吸い付く事が出来れば最適なサイズになります。
シュノーケルは、海水浴やシュノーケリング、スキューバダイビングで、使用します。
水面から水中を観察する時や、水面を移動する時に役立ちます。
シュノーケルは、常時口に含んだ状態で使用しますので、噛み心地の良いものを選び、入ってきた海水が簡単に取り除けるものがおすすめです。

タンクとレギュレーターと残圧系

タンクには、高い圧力の空気のガスが詰まっており、海中で酸素を得る為の器材です。
レギュレーターは、タンク内の高圧空気を周囲の圧力に減圧し、ダイバーに空気を供給する装置で、タンクのバルブに取り付けるファースト・ステージと、マウスピースがついているセカンド・ステージ、それを繋ぐホースから空気を供給します。
タンク内の、利用可能な呼吸ガス量を把握するのが残圧計になります。

フィンとウェットスーツ

水中や水面でスムーズに移動する為には、フィンが必要になります。
フィンは、足につけて使用するヒレのようなもので、軽くバタ足をするだけで簡単に前へ進む事が出来ます。
フィンの大きさや硬さにも種類があるので、自分の脚力に応じた硬さや材質、履き心地、着脱の仕方で選ぶようにしましょう。
履き心地の良いものを使用する事で、余計な体力の消費を抑え快適に楽しむ事が出来ます。
ウェットスーツは、冷えや怪我から身を守る為に欠かせません。
このスーツは、大きく2種類に分かれており、水着の上から着用できるウェットスーツと、冬のダイビングに使用する事が多い保温効果に優れたドライスーツがあります。

ダイビング器材の購入やレンタルに関しては、人気ランキングなども参考になりますので、事前にご確認頂くとご安心かと思います。
沖縄県宮古島のダイビングショップ、アクアスターは宮古島の綺麗な海でダイビングやシュノーケルを楽しむ事が出来ます。
沖縄でダイビングをする際には、是非ご利用下さい。

宮古島 ダイビング | アクアスター | リニューアル

お問合せ Inquiry

お気軽にご連絡ください。

0980-79-5340

メールでお問合せ

業務時間10:00~19:00