宮古島のダイビングショップ アクアスター|少人数ダイビング、シュノーケリング、体験・地形・大物・マクロ生物、リクエストにお応えします!

AQUASTAR アクアスター

体験DIVE

海でのマナー

沖縄県の宮古島は観光ランキングでも上位に入るほど、観光やダイビングを目的とした観光客の方からとても人気があります。青く透き通った海を楽しむ為には、一人一人がマナーを守らなければいけません。海にもマナーはあります。きちんとマナーを守って綺麗な海で素敵な思い出を作りましょう。

ゴミは持ち帰る

綺麗な海でも砂浜や水中を覗いてみるとゴミが浮いている場合があります。魅力的な海でもゴミが捨てられている光景を見ると悲しい気持ちになるでしょう。ゴミを海に捨ててしまうと環境を汚してしまうだけでなく、海で生息している生物の命を奪ってしまう場合もあるのです。ゴミを出した場合はきちんと持ち帰るようにしましょう。海沿いは風が強いです。海にゴミを捨てるつもりがなくても、風で飛ばされてうっかり海に流されてしまったという事が起きないように気をつけなければいけないのです。事前にゴミ袋を用意しておもりを載せておく事をおすすめします。

サンゴ礁の上を歩かない

沖縄の海では、様々なマリンスポーツを楽しむ事が出来ます。ダイビングやシュノーケルでは海に潜ってカラフルな魚を観察する事が出来ます。透明度がとても高いのでサンゴ礁を間近で観察する事も出来ます。水中で足を着けるときに、岩と間違えてサンゴ礁の上を歩いてしまう、乗ってしまう方もいらっしゃいます。サンゴ礁は人間が乗ると死滅してしまうのです。年々沖縄のサンゴ礁の数は減少しています。海に潜るときは、サンゴ礁に足を着けないようにしましょう。

魚の餌付けをしない

ダイビングをしていると身近に魚たちがよってきて、つい餌付けなどをしてしまいがちですが、
これは海の生態系を壊す恐れのある危険な行為です。奇形の魚が増える、サンゴ礁に悪影響を
与えるなどです。美しい海を守る為に絶対にしない様にしましょう。

沖縄県宮古島のダイビングショップをお探しの方は、アクアスターをご利用下さい。

宮古島 ダイビング | アクアスター | リニューアル

お問合せ Inquiry

お気軽にご連絡ください。

0980-79-5340

メールでお問合せ

業務時間10:00~19:00